AGA治療を開始するなら今!

AGA治療を受ける病院と皮膚科、フィナステリドの作用

AGA治療のAGAと言うのは男性型脱毛症の事を意味しており、AGA治療は男性型脱毛症と言う薄毛に対する治療を施す手法の総称です。
尚、AGA治療を行う病院と言うと、皮膚科をイメージする人も多いのですが、皮膚科でも治療を可能にしている病院は在りますし、皮膚科以外でも内科や美容皮膚科などでも治療を可能にしている所もあり様々です。
しかしながら、どのような病院でも治療が出来るかと言うとそうではなく、AGA治療に特化した病院のみで治療を受けることが出来るのです。

また、治療方法は病院により様々であり、治療実績、費用、通院のし易さなどを加味して病院を選ぶ事が大切です。

所で、AGA治療に利用される医薬品にプロペシアが在ります。
プロペシアと言うのはフィナステリドと呼ばれる成分が主となるもので、フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発された医薬品で、前立腺肥大症の治療の副作用として発毛の効果が在ることが解り、フィナステリドの成分を含む医薬品としてプロペシアが誕生したと言われているのです。

尚、フィナステリドは5α-還元酵素阻害薬としての作用を持つ成分であり、AGAの原因となる5α-還元酵素を阻害する事で抜け毛を生じさせる男性ホルモンとなるDHTを抑制させることが出来るため、抜け毛を減らすことが出来るのです。

DHTは元々存在する男性ホルモンではなく、遺伝子の影響により男性ホルモンのテストステロンと5α-還元酵素が結びつき、DHTと呼ばれる男性ホルモンに変換されてしまい、DHTが通常3~6年となる成長期を3ヶ月ほどに短縮してしまうため、毛髪が途中で抜けてしまうと言うメカニズムになっており、フィナステリドによりDHTを抑制する作用が在り、治療効果を期待することが出来るのです。