AGA治療を開始するなら今!

AGA治療の最新技術とは

男性に薄毛症状をもたらす大きな要因としてAGAという病気が存在します。男性ホルモンと頭皮にある特殊な酵素が反応してDHTという物質を作り出し、これの影響によって毛母細胞が頭髪の成長をやめてしまうことで抜け毛や薄毛が引き起こされるこの症状。AGA治療のためにはクリニックでもらった飲み薬や塗り薬を使ったを服用する方法が一般的です。飲み薬としてはプロペシアが有名で、一方の塗り薬としてはミノキシジルがよく知られています。

こういった一般的なAGA治療は内科や皮膚科などでも受けることができます。その一方で、AGA治療の専門外来のみで展開している最新の治療法も存在します。その中でも有名なものとして、まずは植毛があります。これは人工毛を薄毛の部位に植え付けて頭皮に馴染ませるというものもあれば、健康的な自毛を頭皮ごと採取して薄毛の生じている部位に穴を空けた上で毛母細胞がしっかりと根付くように植え込んでいくというものもあります。自毛を用いた方が定着率が高いというのもポイントです。

さらにAGA治療ではHARG療法という手法が注目を集めています。一般的なプロペシアやミノキシジルによるAGA治療は実際のところAGAの進行を予防するだけで、弱ってしまった毛母細胞を再び活性化する効果は得られません。その点HARG療法では、毛根を活性化させる成長因子を直接注射などで頭皮に注入していきます。これを一ヶ月に一度から二ヶ月に一度の割合で注射することで細胞自体が元気になって失われていた育毛力や発毛力を取り戻すことに繋がります。また、内服薬などに比べて施術を初めて意外と早い段階でその効果が実感できるのも特徴的です。

最近では注射針ではなく、ジェット噴射などの要領で痛みを生じさせずに治療を行う施術も定着しており、今後更にAGA治療の定番として注目されていくことが予想されます。

飲む育毛剤は頭皮の血行が良くなる

頭髪の薄毛に悩んでいる人にとってまず大事なのは、その症状がどうして引き起こされたのかという原因を特定して速やかに対処することです。中でも最近ではAGAという病気による薄毛が注目を集めており、この症状を改善するためにはクリニックで専門のAGA治療を受けたり、あるいは通販などでAGA治療用の薬を購入して取り寄せるなどの方法があり、人気と支持を集めています。

そこで効果的とされているのがプロペシアという飲み薬。そもそもAGAは頭皮にある特殊な酵素と男性ホルモンが反応し合うことで頭髪の成長を妨げる物質を作り上げる病気です。この時、毛乳頭がこの物質を感知すると頭髪はそれ以上成長するのをやめ、血液から栄養分を摂取するのをやめてしまい、抜け落ちてしまうのです。プロペシアはこの酵素の働きを抑えることで、頭髪に悪影響を与える物質が生成されるのを抑制します。

また、もうひとつのAGA治療薬として有名なのがミノキシジルです。これは頭皮に塗ることで毛細血管が拡張され、より多くの血流と共に栄養分が過不足なく頭髪にもたらされる環境を作り上げます。ただし付け薬タイプの外用薬だと毛穴を通じて内部へ浸透するのに限界があります。その点、通販や一部のクリニックでは飲み薬タイプのミノキシジルも処方しています。

これを用いると成分の全てが体内に摂取されることによってミノキシジルの成分すべてを取り込むことができます。この効果はてきめんで、すぐに身体の毛細血管が拡張され、血流量は増加。こうして血行が良くなることによって栄養分がきちんと運搬されるので、毛乳頭もしっかりと栄養分を吸収し、いつしか毛質が太く、濃く、しなやかに変わっていくのを実感することができるでしょう。

AGA治療薬服用で勃起不全

男性に薄毛をもたらす原因は何も老化のせいではありません。まだ20代の若い人であっても薄毛に見舞われる可能性は充分にあり、それは睡眠不足や疲労、ストレス、食生活の偏り、頭皮の不衛生化など実に様々です。そう言った中で注目したいのがAGAという病気。これは男性ホルモンの働きが密接に関わってくる症状であり、皮膚科や内科、あるいは専門クリニックを受診してAGA治療を行うことで改善することができます。

AGA治療のために用いられるのが飲み薬と付け薬です。前者にはプロペシアという錠剤があり、この中に含まれるフィナステリドという成分が頭皮の5アルファリダクターゼの2型という酵素の働きを抑え、これが男性ホルモンと反応して頭髪の成長を妨げる物質が出るのを抑えます。後者の付け薬にはミノキシジルがあり、これは毛細血管を拡張させる働きによって頭皮の血流量を増やし、これによって毛乳頭がより多くの栄養分を吸収できるように環境を整えます。両者の働きが合わさることで薄毛は改善され、頭髪の育毛や発毛に繋がっていくのです。

ただし、AGA治療薬には副作用があります。とりわけプロペシアには勃起不全のリスクがあることで知られており、これは新婚夫婦が子づくりなどに取り組む際には大きな障壁となるのは言うまでもありません。勃起不全が起こるのはプロペシアが男性ホルモンの働きに直接的ではないにしろ関わっているから。しかし服用している誰もが発症するわけでは決してなく、その発症例は0.7パーセント程度にとどまると言われています。

そもそも薄毛症状をわずらっている人はそれだけで精神的にストレスを感じている場合も多く、これが勃起不全などの自律神経に関連する作用をもたらす可能性は高いと見られています。ですから、あまり神経質に捉え過ぎることなく、もしも何らかの異常があれば医師に相談するくらいの姿勢でいることが望ましいでしょう。


■AGA治療薬の購入はこちらから
薬の通販なら「あんしん通販薬局」
■私に効いたのはこの薬
エフペシア